同じ内容で何度も占ってもいいの?

きちんと占い師に占ってもらう時、気をつけたいのが何度も同じ内容で占うということです。
特に最初に占ってもらった占い師から希望通りの答えが返ってこなかったからまたすぐに別の占い師に相談する・・・というのは依存症になってしまっている可能性もあるので注意してください。

ただ同じ相談内容でも複数回占ってもらうこと自体はダメなことではありません。一度相談した後しばらくしてまた相談するという占いの使い方ならば全く問題ないのです。
しばらく時間を置くということは状況に変化が起こっていると思います。その状況の変化を報告してまたアドバイスをもらうというのがベストな使い方なのです。
時間を置くというのは相談内容やその時占い師にもらったアドバイスにもよりますが、1ヶ月〜2ヶ月ほどに1回相談してみる、というのならば正しく占いと付き合っていけていると言えます。

短期間で何度も同じ内容を占ってもらうのは占い師としても同じようなアドバイスしかできないので無駄になってしまいます。
何か変化が起こった時や進展があった時に利用することを意識しておきましょう。

電話占いの祈願祈祷やお祓いについて知っておこう!

電話占いでも祈願祈祷やお祓いというようなサービスを受けることができます。
ただ占い師全員が祈願祈祷やお祓いを行なっているという訳ではありません。対応してくれる占い師にはプロフィールの得意な占術やオプションメニューなどに「祈願祈祷」という言葉が入っていますので確認してみましょう。

次に確認したいのは料金です。祈願祈祷やお祓いについてはオプションとして鑑定料とは別料金が必要な場合があります。料金は1,000円程度〜5,000円というように大きな幅があるので注意しましょう。
ただ基本的に電話占いの場合は祈願祈祷やお祓いは無料(鑑定料金に含まれている)で対応してくれる場合が多いです。

祈願祈祷やお祓いについては何か物が届くとか目に見えるサービスではないため、実際対応してもらえるにしても電話の先で本当に対応してくれているのか分かりません。
鑑定料のみでやってくれる占い師ならば気軽に頼んでもいいかもしれませんが、別途料金がかかる場合はきちんと信頼できる占い師かどうか考えてから頼むのがいいと思います。
参考として、「今やらないと不幸になる!」というように脅すような言葉で勧めてくるような占い師は悪徳占い師です。本当に作業してくれているかすら信用できないので頼まないようにしましょう。

電話占いで嫌な思いしたくないなら?

電話占いを利用した人の中には、占い師の態度が横暴だったり、失礼な事を言われたり、全然当たらなかったり、話した事を理解してもらえなかったというケースは多いのです。

電話占いで嫌な思いをしたくないなら、占い師に合わせるのではなく自分に合う占い師を見つけて相談するようにしましょう。

相談したい内容は事前に纏めておき、自分自身が何で悩んでいるのか整理しておくと占い師に伝えやすいですよ。

占い師から言われた事を全て鵜呑みにする必要はないので、自分の意思や意見、相談したい事をきちんと伝える事を心がけましょう。

自分と合わない占い師だったら、相談しても時間の無駄になる可能性が高いですから、電話を切って鑑定を終わらせて別の占い師に相談すると良いでしょう。

タロット占いにはタロットクロス必須?

タロット占いを自分で楽しむ場合、タロットクロスは必要かどうかですが、こちらは必須ではないもののあった方が断然にいいでしょう。
タロットクロスがなければ大きいハンカチ、布でも代用は可能です。つまりタロット占いをするときは何か敷くことができればタロットクロスは必須ではなくなります。
ただしお店を開いてタロット占いをする場合はタロットクロスがあった方が雰囲気作りになりますのでできるだけ用意した方がいいと思います。

ではタロットクロスや大きな布はなんのために必要なのかというと、これはカードのシャッフルをやりやすくしたり、カードへの傷を防ぐことが目的です。
テーブルの上に直接カードを置いてシャッフルすると滑って上手くシャッフルできないですし、傷がつく原因にもなってしまいます。

つまり専用のタロットクロスである必要はありませんが、何か布を敷いた方がタロットカードのためにも占いのためにもいいというわけです。

電話占いで注意する占い師

電話占いサイトに在籍している占い師は、きちんとオーディションに合格して認められた占い師です。しかし中には占い師自身が在籍している電話占いサイトの規約違反を行っている場合があります。
しかもその違反内容の多くが利用者にとってマイナスなものとなるため、今回ご紹介するような行為をしている電話占い師は注意しましょう。

まず多いのが個人鑑定に持ち込んでくる電話占い師です。通常占い師と利用者は電話占いサイトを通して繋がりますが、個人鑑定に持ち込む占い師は電話占いサイトを通さずに直接やり取りしようと持ちかけてきます。
例えばメールアドレスや電話番号などを交換して直接やりとりできればもっと深く見てあげる、サイトを通すより安く見てあげるというように利用者に伝えて持ちかけてくるのです。
このように占い師と利用者が直接連絡が取れるようになると電話占いサイトの稼ぎが減ってしまうため、ほとんどの電話占いサイトでは規約違反としています。
話を持ちかけてきたのが占い師側だとしても、利用者に引き抜き行為として罰金を請求している場合もあります。

また高額な商品を売りつけてきたりする電話占い師もいます。「あなただけに特別で〜」といって売るのが恒常手口です。
「買わないと不幸になる」というような脅し文句を言われても電話占いサイトではこうした物の売り買いは禁止しています。もし物の購入を勧められても断り、電話をすぐ切って運営会社のサポートに相談しましょう。

チャット占いのメリット・デメリット

手軽にできる占いの一つとして「チャット占い」というものがあります。これは今流行りの電話占いのチャット版で、電話占いと同じように時間や場所を選ばずに手軽に鑑定してもらえるというのが最大のメリットでしょう。
今回はそんなチャット占いのメリットとデメリットをまとめてみましたのでご紹介いたします。

メリット

メリットは最初にも少し触れたように、その手軽さにあります。時間と場所を選ばずに自分の好きなタイミングでリアルタイムに占ってもらえます。
それは電話占いも同じですが、チャット占いならではのメリットとして、電話や会話が苦手という場合でも利用しやすいというのがあります。
電話占いに興味はあるけど電話するのが苦手という方でもより利用しやすいんですね。またメールと違って文章を考える必要もなく、まるで会話しているかのように短い文字でリアルタイムなやりとりができるため、メール占いにもやりづらさを感じていた方にもメリットがあると思います。

デメリット

チャット占いのデメリットとしては、まず料金が分かりにくいという点があげられます。チャット占いでは文字数で料金が決まる場合と時間で料金が決まる場合があります。
その中でも前者の文字数で料金が決まるシステムを導入している場合が多く、1文字3円〜4円程度の料金設定になっていますが、利用前に料金を把握しにくいというのがデメリットになります。
そしてチャットという性質上、複雑な内容の相談がしにくいというのもデメリットでしょう。

生まれた曜日で占う!「曜日占い」とは

自分の生まれた年月日や星座による占いは一般的に聞いたことがあると思いますが、最近注目を浴びているのが生まれた曜日によって運勢を視る「曜日占い」です。
曜日占いでは自分の性格や恋愛などを含めた全体的な人間関係、他の人との相性を占うことができます。
曜日占いをしたいと思ったら、インターネット上にあるカレンダー機能などで自分の生まれた年の誕生日を見てみましょう!
曜日が分かったら、自分の曜日の運勢を見ていくことになります。今回は簡単にですが曜日ごとの基本的な性格を下記にまとめてみました!

月曜日

平和主義でリーダーシップのある性格です。責任感にあふれているしっかりした真面目な性格で、努力を積み重ねて定めた目標を達成します。
誰かに弱みを見せるのが苦手なので親しい人にも中々相談事ができないタイプとなり、ストレスがたまりがちです。

火曜日

向上心や自己評価が高く、いつでも自信たっぷりなのが火曜日生まれの人です。目標を決めると達成するまでとにかくのめり込むタイプで、職人気質があるともいえます。
自分の考えが絶対だという頑固な一面も持ち合わせているため、柔軟性に欠けがちです。

水曜日

「熱しやすく冷めやすい」のが水曜日生まれの方です。好奇心旺盛でいろんなものに興味を示して突き進めますが、飽きるのも早くいろんな物事に手を付けます。
周りの人の目を気にしがちで本来の自分を曝け出すことができずに寂しい気持ちになることも多いです。

木曜日

とても強いメンタルの持ち主で、失敗や困難にもめげずにやり切ってしまうタイプです。周りの人とは違った困難なアイデアを達成することができます。
そのアイデアに固執しすぎてしまい人への配慮が足りなかった、ということもあるので注意が必要です。

金曜日

芸術品などの美しいものが好きな性格で、欲しいと思ったらそれを手に入れるために努力します。努力家で高い野心を持っています。
欲しいものは我慢せずに買ってしまうタイプなため少し散財しがちです。

土曜日

物静かでおっとりとした性格なのが土曜日生まれの方です。誰かと一緒にワイワイするよりも一人で過ごすことの方が好きで、自分の時間を荒らされることを非常に嫌います。
一度「嫌い」「苦手」と思った人からはすぐに離れる傾向があります。

日曜日

誰かの世話をするのが大好きなタイプです。とにかく人の面倒を見るのが好きなので、頼られる反面、場合によってはただのお節介になってしまうことも・・・。
コツコツと努力を積み重ねていけますが、少し自己中心的な面もあります。

電話占いの鑑定時間はどのくらいを考えるべき?

電話占いをする前に考えておきたいのが鑑定時間です。特に前払い式の場合は用意していたポイントがなくなると鑑定途中であっても電話が切れてしまいます。
そのため、ある程度電話占いにかかる時間も考えておいた方がいいのです。

具体的に何分ほどかかるかというのはもちろん相談内容によって違いますが、利用している方の平均時間は20分〜30分となります。
相談内容を話す、鑑定結果をしっかり聞くということを考えると最低でも15分は時間が必要でしょう。
また時間内に効率よく質問をするために、事前に相談したい内容をまとめておくと時間短縮につながりますし、後から「あれを聞くのを忘れていた」ということもなくなりますのでおすすめです。

ちょっとした質問だとしても鑑定してもらう時間や結果を聞くのに最低でも15分〜20分、さらに踏み込んで色々聞きたいと思っている方は最低30分の鑑定時間を考えておくといいでしょう。

占い依存症と占いジプシーの違いは?

占いについて色々と調べていると、占い依存症と占いジプシーという言葉を聞いたことがあると思います。
どちらも何でも占いで決めてしまうような意味で使われており、中には依存症とジプシーを混合して使っている説明も見ます。
確かに占い依存症と占いジプシーは非常に似た意味の言葉ですが、細かく見ていくと言葉の意味も多少異なります。

まず占いの依存症ですが、依存症はどんなことでも占いで聞かないと不安で仕方がない、生活費を削ったり借金をしてまで占いをしてしまうというように、占いによって生活や精神面まで悪影響が及ぼしている状態のことを指します。
一方で占いジプシーは、依存症の方と同じように占いを梯子して占いをしますが、不安を解消したいというような目的で梯子しているのではなく、純粋に占いを楽しんでいる方たちです。そのため「今月使いすぎたな」と思ったらそこで利用をストップするなど自制が効きます。
きちんと趣味の範囲内で多くの占いを楽しんでいるのがジプシーですね。

確かに普通の人からすればジプシーの人もたくさん占いを利用するので「依存では?」と思うかもしれません。
ジプシーから知らないうち依存症になってしまう方もいます。

しかし厳密には依存症とジプシーにはこのような違いがあるのです。

電話占いサイトの選び方

電話占いを利用する際は、電話占いサービスを提供している電話占いサイトへの登録が必要になります。
会員登録自体は無料となりますので、登録しているだけで月々お金がかかっていくということはありません。
この上記の2点に関しては、ほとんどの電話占いサイトが当てはまりますので、それ以外の違う部分で自分が利用する電話占いサイトを選んでいく必要があります。

絶対に安全なところを利用したいのなら、大手の電話占いサイトをいくつかチェックするのがおすすめです。
特に個人情報の管理がしっかりしていることを証明する「プライバシーマーク」を取得しているサイトを選ぶといいでしょう。
いくつか気になる電話占いサイトが見つかったら、今度はその中から気になる占い師を見つけてみましょう。
大手電話占いサイトなら初回特典やお試し鑑定があると思いますので、とりあえず無料登録をして、特典分だけ気になる占い師に相談してみてください。
こうすることで最低限の出費で実際に気になった占い師と自分の相性を知ることができます。

他に注意したいことといえば通話料です。通話料に関しては電話占いサイトが負担してくれるところと、自己負担としているところがあります。
通話し放題サービスなどに加入していれば問題ありませんが、そうではない場合、莫大な通話料がかかってしまう可能性があるので注意してください。