メール占いの効率的な書き方

メール占いはメールのやり取りを通じて占ってもらう占いの一つです。
場所を選ばずに伝えたいことを文章にまとめて送ることができ、対面や電話で話すとなると緊張してうまく伝えたいことが伝えられるか心配という方にも向いています。
文章をまとめるのが得意な方はメール占いも使いやすいですが、実際に占ってもらう時にはどういう内容で送ればいいの?と疑問の方のために、今回はメール占いの効率的な書き方をご紹介いたします。

まずメール占いをするにあたって、自分の名前や占いたい相手の生年月日などの情報は必ず書くようにしましょう。相手の情報が全て分からないのならわかる範囲だけでもしっかり書いておきます。
そして現在どういう状況なのか、例えば恋愛相談を例にとると、相手に片思い中だとか恋人と上手くいっていないとか、ヨリを戻したいだとか、自分と相手の現状をまとめて伝えます。
さらにどういう結果を希望するのかも書いておくのを忘れないようにしましょう。片想い中なら付き合うためにすること、恋人と上手く行っていないのなら、別れたくないからどうすればいいのかなど、自分の意志をはっきり書いておくと占い師も鑑定しやすいです。

一通り情報を書き終えたら必ず自分で読み直しましょう。誤字脱字がないか、わかりやすい文章になっているかを確認してください。
文章がどうしても苦手という方は、箇条書きにしても構いません。
現状については文章で、占って欲しいことや個人情報などについては箇条書きにするというような書き方だと伝わりやすいですよ。