占いが外れたと感じたら

占いをしていると「外れたなぁ」と感じることもあると思います。
ただ占いというものは、相談内容に対してどのようにすれば良いのかというようなアドバイス的な立ち位置にいるものですので、当たるというよりも自分から当てに行くような心持ちでいなければなりません。
何かをしたい、でもやっていいのか、やったらどうなるのか不安・・・という場合に、やってみるとこうなるかもしれない、こうした方がいいというようにアドバイスをくれるのが占いです。占いをきっかけにして動くことで、初めて効果があるものになるのです。

ただ何でもかんでも参考にすればいいという訳ではありません。自分が信頼できると感じた占い師の言葉のみ参考にするようにしてみましょう。
例えば友人から「この占い師いいよ!」と紹介されたとしても、その占い師とあなたの相性がいいかどうかは別問題です。相性が悪いのに参考にしてしまうと、自分にとって悪い方向に物事が進んでしまう場合もあるので注意しましょう。

その占い師のアドバイスが信用できるか、そのアドバイス通りに行動して後悔しないか、占ってもらってどうするのかは自分自身です。