占いは使い分けが必要不可欠?

占術にはそれぞれ得意分野と不得意な分野がありますので、1つの占術だけ使うのではなくて、質問内容に合わせて占術を使い分ける事が大切ですよ。

占いは大きく分けて命卜相霊の4種類に分類する事ができ、命術は生年月日や出生時間、生まれた場所など不変的な情報から占うため、自分の生まれ持った性格や運気、性質や傾向を知る事ができます。

何度占っても同じ結果が出ると言われていますが、占い師によって解釈が異なる場合があります。

卜術は偶然の中から意味を見出す占いであり、吉凶や人の心、現状から見た近未来の事を占うのに適していて、占うたびに結果は変わると言われています。

相術は占うものの形を見て、見た目や状況から吉凶や時期を占う占術ですが、努力次第で形や未来を変える事ができますよ。