相手を占うときに必要な事とは?

占いにも色々な種類があり、占いをマスターするためには深い知識や技術が必要不可欠ですが、それ以外にも必要な事がありますのでご紹介いたします。

相手からの相談を受けて占う場合には、相談相手の悩みを傾聴する力や相手の心の本質を見抜く洞察力が必要であり、悩み迷っている相手の本心を理解してあげる事が大切なのです。

相談内容について分析する力も必要で、相手の悩みの背景や話しから読み取れる事は何なのか相談を受けながら読み取ってみましょう。

カードを解釈するときや、相手の状況についてイメージするときには想像力やインスピレーションが大切なのです。

相談相手に幸せを掴んでほしいと考えているなら、人として守るべき道も必要不可欠ですから、正しい倫理観をもって導くと良いでしょう。

占いは使い分けが必要不可欠?

占術にはそれぞれ得意分野と不得意な分野がありますので、1つの占術だけ使うのではなくて、質問内容に合わせて占術を使い分ける事が大切ですよ。

占いは大きく分けて命卜相霊の4種類に分類する事ができ、命術は生年月日や出生時間、生まれた場所など不変的な情報から占うため、自分の生まれ持った性格や運気、性質や傾向を知る事ができます。

何度占っても同じ結果が出ると言われていますが、占い師によって解釈が異なる場合があります。

卜術は偶然の中から意味を見出す占いであり、吉凶や人の心、現状から見た近未来の事を占うのに適していて、占うたびに結果は変わると言われています。

相術は占うものの形を見て、見た目や状況から吉凶や時期を占う占術ですが、努力次第で形や未来を変える事ができますよ。

占いで悪い結果が出た時の対処方法とは?

占った結果が悪いものだったら、どう対処すれば良いのでしょうか?

悪い結果を見てしまったら、ネガティブな気持ちになってしまい不運を引き寄せてしまう事が考えられるので、あまり気にしない事が大切だと言われていますよ。

未来を変えたいのであれば、悪い結果を避けるためのアドバイスを実践したり、悪い結果が出た時期の行動パターンを変えてみると運気を改善できるのだそうです。

占い結果について楽観的な解釈をしてみると、ただの不運な結果ではなく警告として捉える事ができますよ。

占いで良い結果に巡り会えるまで、他の占術や占い師を探すというのはNG行動ですが、他の占術で占ってみると別の結果が出る場合もありますのでポジティブな気持ちになれるかもしれません。

タロット占いにも有効期限がある?

タロット占いで出た結果の有効期限には個人差がありますが、次に占うまでの目安はどのくらいなのでしょうか?

一般的にタロット占いは1ヶ月から3ヶ月先の近未来に起こり得る出来事を占う事を得意としており、自分自身で有効期限を設定する事もできると言われているため、半年先の未来を占った場合には有効期限は半年なのです。

1年以上先の遠い未来を占うのは難しく、長期間の未来を占う際には枚数が多い複雑なスプレッドを展開する事になりますよ。

タロット占いの結果が悪かった場合には、自分の努力次第で変える事もできますが、良い結果が出ても努力を怠ったら結果通りにならない事も考えられると言われているのです。

遠い未来を占ったとしても、自分の選択や決断で状況が変わっているという事ですから、占い結果を型にはめず柔軟に解釈すると良いでしょう。

どんなタイミングで占うのが良い?

占いを利用しようと考えているけど、どんなタイミングで占ってもらえばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

占いにはたくさんの種類があり、理想的なタイミングは利用する占術や自分自身の状況などによって人それぞれ異なるのです。

占ってもらう頻度は、命術だったら1年に1回が理想だと言われていますし、卜術は近未来を占う事が得意なので3ヶ月くらいの頻度が良いとされていて、相術なら占う相が変わった時に視てもらうと良いでしょう。

新しい年に変わると運勢も切り替わると言われていますので、新年を迎えるタイミングに1年の運勢を占ってもらうのもオススメですよ。

頻度に関係なく、何かに迷っていたり悩み事を抱えている時がベストなタイミングですから、ぜひ占いを活用しましょう。