占いを上手に活用しよう!占い依存にならないために

悩み事がある時には占いを活用してアドバイスを受け取る事ができますが、のめり込みすぎて占いに溺れ依存してしまう人も多いので注意しましょう。

占いがないと自分で何も決められなくなったり、自分にとって満足できる結果が出るまで何度も占うという状態は、占いに依存してしまっているので有料占いだと借金してまで利用してしまうリスクがあるのです。

占いで良い結果が出たとしても、占いの通りに行動したとしても、占いがいつも当たるわけではありませんので、未来は自分の力で変えられるという事を理解しておきましょう。

占い依存を克服したいのであれば、まずは食事や睡眠など生活習慣を改善してリラックスしてみたり、占い以外の物にも興味を持ってみると良いでしょう。

命術の占いで適職を知る方法!

占いで適職や転職のタイミングを知りたいなら、生年月日などから生まれ持った運命を探る命術で占うのがオススメですよ。

命術の占いは幾つか種類があり、四柱推命や星座占い、九星気学や東洋占星術などの占術で占う事ができますが、生年月日や出生時間、出生地は変わる事はないため、同じ人が何回占ったとしても同じ結果になるのです。

適職について占う時には、職業ではなく職業の傾向で考えて、色々と解釈してみると良いでしょう。

仕事について悩んでいるのであれば、占いで自分自身の隠れた適正や才能を知る事ができますよ。

占いで適職をが分かったとしても、あくまでも参考程度に考えて、最終的には自分の意思で決断する事が大切ですから、転職する前によく考えるようにしましょう。

どうして出生時間が必要な占いがあるの?

占いでより深く鑑定するためには、生年月日だけでなく出生時間まで必須だと言われていますが、どうして出生時間まで必要なのでしょうか?

四柱推命では名前の通り4つの柱の年月日時から運命を推察する事になるので、出生時間がないと占いの精度にも影響が出てしまうのです。

出生時間だけでなく、出生場所も緯度経度から時間の修正をするために必要ですよ。

西洋占星術でも出生時間や出生場所は大切なデータの一つであり、出生時間や出生場所がないと正確なホロスコープを作る事ができないのです。

ちょっとの時間のずれで占いの結果も大きく変わってしまうので、占い師に占ってもらおうと考えいるなら、自分の出生時間と出生場所をあらかじめ調べておきましょう。

出生時間がはっきりと分からないという場合には、12時ジャストに設定する場合が多いのだそうです。