タロット占い、ピラミッドスプレッドで占ってみよう!

タロット占いには色々なスプレッドが存在していますが、今回は一般的に使われているピラミッドスプレッドの展開についてご紹介いたします。

ピラミッドスプレッドは、6枚のタロットカードを文字通り3段のピラミッドの型に展開していく占い方ですが、現状について悩みを抱えていたり問題の解決を知りたい時にオススメです。

占いたい事を決めたらタロットカードをシャッフルしてカットし、一山に纏めた後に3つの山に分けてから一山にするのです。

上から6枚を取って1枚目は左下、その右隣に2枚目、さらに隣に3枚目を配置したら、4枚目は1枚目と2枚目の間の上に、5枚目は2枚目と3枚目の間の上に配置して、6枚目は4枚目と5枚目の間の上に配置するのです。

1から3は現状、4と5は解決のヒント、6は最終的な結果や対応策が得られるでしょう。

本気で占いをするなら有料の占いを

テレビや雑誌の無料占いから、インターネットにある無料占いまで、私達が無料で占いに触れられる機会は少なくありません。
しかし、本気で悩みを解決したいのなら、お金を払って占いをするのが良いでしょう。

テレビや雑誌の無料占いには、それを監修した占い師がいることも多いですが、決してその占い師が悪いというわけではありません。本来の占いというのは、相談者の生年月日や名前、性別や相談内容などある程度の情報がなければ行えません。
例えばテレビや雑誌の占いでありがちな星座占いや血液型占いは、その個人ではなくあくまでも大衆に向けて導き出された非常に大きな枠でしか占っていないため精度が低いのです。
また占い師の名前が記載されていても、それはあくまで信憑性を出すためだけであって、本当はゴーストライターなどの占い師でもなんでも無い人の名前が出されていることもあります。

そして特に注意したいのがインターネットの無料占いです。生年月日や名前、メールアドレスなどを入力させる無料占いサイトは、個人情報を抜き取ることが目的のことも少なくありません。
占い結果も数パターンしか用意されていないので、占いと呼べるものではないのです。

独学で占いを学ぶのにまずしたいこと

占いに興味を持ち、自分でも学ぶ決心がついた方、特に今回は独学で学んでいこうと思っている人に向けた情報を発信したいと思います。

占いを独学で学んでいく場合、まずは学びたい占術を決めましょう。
興味のある占術をそれぞれ1から調べ、自分が理解できる、理解しやすいと思った占術を見つけます。
占術が決まったら、まずは基礎中の基礎のみ書かれている本を買ってください。いきなり分厚い専門書を買ってしまうと中々理解しづらかったり、挫折しやすくなってしまったりします。
特に分かりやすいという部分が重要なので、実際に手にとって内容を確認してから購入するようにしましょう。

まずは最初に買った基礎の本をしっかりと読み、基礎は取得できたとなったら、自分のことを占ったり知人を占ったりしてみてください。
占い師として力をつけていくのは実践が非常に重要です。どんどん誰かを占う機会を設けて、力をつけていきましょう。