占いは使い方が大切?上手に活用する方法

占いは当てるものではなく使うものだと言われていますが、占いの結果は信じるのではなく、占いを上手に活用する事によって、自分が望む未来へ進むためのヒントとして有効的に使えるのです。

時期や相性や悩み事など相談内容に合わせて占術を使い分けて、良い結果だったらもっと前向きに取り組み、悪い結果だったらそれが現実にならないために気をつけるのがオススメですよ。

占いを信じて占いの内容に従いながら生きていると、自らの意思で決める事ができなくなったり優柔不断になったり、振り回されていると占いに多額のお金を使い込んでしまう事が考えられるのです。

占い師にも得意不得意がありますし、自分自身との相性も大切ですから、きちんと占い師選びをして利用してみてはいかがでしょう。

占い依存症の人の特徴

自分は大丈夫と思っていても、実は既に占いに依存してしまっている、依存しかけているという方は多くいらっしゃいます。
そこで今回は、占い依存症の人に共通している特徴をいくつかご紹介したいと思います。

ちょっとしたことでも占いでしか決められない

占い依存症になってしまうと、日常にあるちょっとしたことでも自分で判断できずに占いに頼ってしまいます。
例えばAという商品を買うか、Bという商品を買うか悩んだ時に、自分で考えずに占いで決めてしまうというように、普通なら自分で決めるべきちょっとしたことでもすぐに占いに頼って決めてもらうのです。

占いをしないと不安を感じる

占い依存症の方は、多い方で1日に1回、少なくても週に2回は占いをしないと不安で仕方ないという方が多いです。特に毎日占いをしないと落ち着かないという方はすでに重度の占い依存症になってしまっている可能性が高いです。

お金がなくてもやめられない

重度の占い依存症になってしまうと、お金がなくても占いを利用してしまいます。生活費や食費を切り崩して占いをする、ひどい方だと借金をしてまで占いを利用しているという方もいます。
お金の不安よりも占いをしないことによる不安の方が大きくなってしまっているのです。

短期間で同じ相談を何度もしている

既に占ってもらっていることを短期間で何度も相談してしまう方も依存症と考えられます。同じ内容を同じ占い師に何度も占ってもらう、色んな占い師に何度も占ってもらう、どちらもアウトです。

まとめ

このように電話占いに依存してしまっている方には多くの特徴があります。
占いに依存してしまうと、判断能力が著しく衰えてしまったり、出費も多くなり生活が苦しくなったり、占い師以外の人を信じられなくなってしまって人間関係にも亀裂が入る・・・なんてこともあります。
占いはあくまでも娯楽です。占いによって生活が苦しくなっていると感じる場合は、すぐに抜け出すための行動を起こしていく必要があります。

新規オープンの電話占いを利用するメリット・デメリット

電話占いは自宅にいても気軽にリアルタイムで占いができるというメリットから、外出が自粛されるようになってから更にその需要が強まりました。
その需要に伴い、従来の電話占いの他に、新規でオープンする電話占いサイトも多く登場しています。
新規の電話占いサイトには新規ならではのメリットもデメリットも存在しますので、今回はその両方をご紹介したいと思います。

メリット

まずはメリットからご紹介していきたいと思います。新規の電話占いサイトを利用する最大のメリットはオープン特典です!
どの電話占いサイトでも新規オープン時にはお客さんをゲットするために、お得に利用できるオープン特典を多数用意しています。こうした特典を利用すれば通常よりも安く利用できるので、できるだけ費用を抑えて電話占いを試してみたいという方にお勧めです。
また、オープンしたばかりだと利用者も少ないことから、目的の占い師にすぐ占ってもらいやすいのも魅力です。人気のある電話占いサイトだと占い師によっては事前に予約しないとなかなか利用できなかったり、30分や1時間ほど待たないといけないなんてことも珍しくありません。

デメリット

続いてデメリットですが、まずは在籍している占い師が少なかったり、経験不足や実力不足の占い師が多く在籍している場合がある点が当てはまります。
電話占い師になるためにはもちろんキチンとした選考をクリアしていく必要がありますが、求人自体は一般的な求人サイトなどにも出しています。特に新規オープンしたばかりだととにかく占い師の数を揃えないとなので、経験不足の方や実力不足の方でも採用してしまうということがあるのです。