チャット占いのメリット・デメリット

手軽にできる占いの一つとして「チャット占い」というものがあります。これは今流行りの電話占いのチャット版で、電話占いと同じように時間や場所を選ばずに手軽に鑑定してもらえるというのが最大のメリットでしょう。
今回はそんなチャット占いのメリットとデメリットをまとめてみましたのでご紹介いたします。

メリット

メリットは最初にも少し触れたように、その手軽さにあります。時間と場所を選ばずに自分の好きなタイミングでリアルタイムに占ってもらえます。
それは電話占いも同じですが、チャット占いならではのメリットとして、電話や会話が苦手という場合でも利用しやすいというのがあります。
電話占いに興味はあるけど電話するのが苦手という方でもより利用しやすいんですね。またメールと違って文章を考える必要もなく、まるで会話しているかのように短い文字でリアルタイムなやりとりができるため、メール占いにもやりづらさを感じていた方にもメリットがあると思います。

デメリット

チャット占いのデメリットとしては、まず料金が分かりにくいという点があげられます。チャット占いでは文字数で料金が決まる場合と時間で料金が決まる場合があります。
その中でも前者の文字数で料金が決まるシステムを導入している場合が多く、1文字3円〜4円程度の料金設定になっていますが、利用前に料金を把握しにくいというのがデメリットになります。
そしてチャットという性質上、複雑な内容の相談がしにくいというのもデメリットでしょう。

生まれた曜日で占う!「曜日占い」とは

自分の生まれた年月日や星座による占いは一般的に聞いたことがあると思いますが、最近注目を浴びているのが生まれた曜日によって運勢を視る「曜日占い」です。
曜日占いでは自分の性格や恋愛などを含めた全体的な人間関係、他の人との相性を占うことができます。
曜日占いをしたいと思ったら、インターネット上にあるカレンダー機能などで自分の生まれた年の誕生日を見てみましょう!
曜日が分かったら、自分の曜日の運勢を見ていくことになります。今回は簡単にですが曜日ごとの基本的な性格を下記にまとめてみました!

月曜日

平和主義でリーダーシップのある性格です。責任感にあふれているしっかりした真面目な性格で、努力を積み重ねて定めた目標を達成します。
誰かに弱みを見せるのが苦手なので親しい人にも中々相談事ができないタイプとなり、ストレスがたまりがちです。

火曜日

向上心や自己評価が高く、いつでも自信たっぷりなのが火曜日生まれの人です。目標を決めると達成するまでとにかくのめり込むタイプで、職人気質があるともいえます。
自分の考えが絶対だという頑固な一面も持ち合わせているため、柔軟性に欠けがちです。

水曜日

「熱しやすく冷めやすい」のが水曜日生まれの方です。好奇心旺盛でいろんなものに興味を示して突き進めますが、飽きるのも早くいろんな物事に手を付けます。
周りの人の目を気にしがちで本来の自分を曝け出すことができずに寂しい気持ちになることも多いです。

木曜日

とても強いメンタルの持ち主で、失敗や困難にもめげずにやり切ってしまうタイプです。周りの人とは違った困難なアイデアを達成することができます。
そのアイデアに固執しすぎてしまい人への配慮が足りなかった、ということもあるので注意が必要です。

金曜日

芸術品などの美しいものが好きな性格で、欲しいと思ったらそれを手に入れるために努力します。努力家で高い野心を持っています。
欲しいものは我慢せずに買ってしまうタイプなため少し散財しがちです。

土曜日

物静かでおっとりとした性格なのが土曜日生まれの方です。誰かと一緒にワイワイするよりも一人で過ごすことの方が好きで、自分の時間を荒らされることを非常に嫌います。
一度「嫌い」「苦手」と思った人からはすぐに離れる傾向があります。

日曜日

誰かの世話をするのが大好きなタイプです。とにかく人の面倒を見るのが好きなので、頼られる反面、場合によってはただのお節介になってしまうことも・・・。
コツコツと努力を積み重ねていけますが、少し自己中心的な面もあります。

電話占いの鑑定時間はどのくらいを考えるべき?

電話占いをする前に考えておきたいのが鑑定時間です。特に前払い式の場合は用意していたポイントがなくなると鑑定途中であっても電話が切れてしまいます。
そのため、ある程度電話占いにかかる時間も考えておいた方がいいのです。

具体的に何分ほどかかるかというのはもちろん相談内容によって違いますが、利用している方の平均時間は20分〜30分となります。
相談内容を話す、鑑定結果をしっかり聞くということを考えると最低でも15分は時間が必要でしょう。
また時間内に効率よく質問をするために、事前に相談したい内容をまとめておくと時間短縮につながりますし、後から「あれを聞くのを忘れていた」ということもなくなりますのでおすすめです。

ちょっとした質問だとしても鑑定してもらう時間や結果を聞くのに最低でも15分〜20分、さらに踏み込んで色々聞きたいと思っている方は最低30分の鑑定時間を考えておくといいでしょう。