タロット占い、ピラミッドスプレッドで占ってみよう!

タロット占いには色々なスプレッドが存在していますが、今回は一般的に使われているピラミッドスプレッドの展開についてご紹介いたします。

ピラミッドスプレッドは、6枚のタロットカードを文字通り3段のピラミッドの型に展開していく占い方ですが、現状について悩みを抱えていたり問題の解決を知りたい時にオススメです。

占いたい事を決めたらタロットカードをシャッフルしてカットし、一山に纏めた後に3つの山に分けてから一山にするのです。

上から6枚を取って1枚目は左下、その右隣に2枚目、さらに隣に3枚目を配置したら、4枚目は1枚目と2枚目の間の上に、5枚目は2枚目と3枚目の間の上に配置して、6枚目は4枚目と5枚目の間の上に配置するのです。

1から3は現状、4と5は解決のヒント、6は最終的な結果や対応策が得られるでしょう。

タロット占いにも有効期限がある?

タロット占いで出た結果の有効期限には個人差がありますが、次に占うまでの目安はどのくらいなのでしょうか?

一般的にタロット占いは1ヶ月から3ヶ月先の近未来に起こり得る出来事を占う事を得意としており、自分自身で有効期限を設定する事もできると言われているため、半年先の未来を占った場合には有効期限は半年なのです。

1年以上先の遠い未来を占うのは難しく、長期間の未来を占う際には枚数が多い複雑なスプレッドを展開する事になりますよ。

タロット占いの結果が悪かった場合には、自分の努力次第で変える事もできますが、良い結果が出ても努力を怠ったら結果通りにならない事も考えられると言われているのです。

遠い未来を占ったとしても、自分の選択や決断で状況が変わっているという事ですから、占い結果を型にはめず柔軟に解釈すると良いでしょう。