どうして出生時間が必要な占いがあるの?

占いでより深く鑑定するためには、生年月日だけでなく出生時間まで必須だと言われていますが、どうして出生時間まで必要なのでしょうか?

四柱推命では名前の通り4つの柱の年月日時から運命を推察する事になるので、出生時間がないと占いの精度にも影響が出てしまうのです。

出生時間だけでなく、出生場所も緯度経度から時間の修正をするために必要ですよ。

西洋占星術でも出生時間や出生場所は大切なデータの一つであり、出生時間や出生場所がないと正確なホロスコープを作る事ができないのです。

ちょっとの時間のずれで占いの結果も大きく変わってしまうので、占い師に占ってもらおうと考えいるなら、自分の出生時間と出生場所をあらかじめ調べておきましょう。

出生時間がはっきりと分からないという場合には、12時ジャストに設定する場合が多いのだそうです。

相手を占うときに必要な事とは?

占いにも色々な種類があり、占いをマスターするためには深い知識や技術が必要不可欠ですが、それ以外にも必要な事がありますのでご紹介いたします。

相手からの相談を受けて占う場合には、相談相手の悩みを傾聴する力や相手の心の本質を見抜く洞察力が必要であり、悩み迷っている相手の本心を理解してあげる事が大切なのです。

相談内容について分析する力も必要で、相手の悩みの背景や話しから読み取れる事は何なのか相談を受けながら読み取ってみましょう。

カードを解釈するときや、相手の状況についてイメージするときには想像力やインスピレーションが大切なのです。

相談相手に幸せを掴んでほしいと考えているなら、人として守るべき道も必要不可欠ですから、正しい倫理観をもって導くと良いでしょう。