東洋占星術、算命学ってどんな占い?

算命学は中国発祥の命占であり、陰陽五行説をもとに生年月日からその人の性格や運命、特徴を読み解く占術です。

算命学は陽占と陰占がそれぞれあり、陰占は生年月日を干支に置き換えて読み、陽占は人体星図という人の体を擬えた図を用いて、十大主星と十二大従星という2つの星を見るのです。

十大主星は性格を表し、十二大従星は人生のそれぞれの段階の運命を表していると言われていますよ。

陽占からは、過去や親、幼少期や中年期や晩年期、自分自身や家庭、友人や仕事、子供や未来などについて読み解く事ができるのです。

算命学の天中殺という考え方は有名ですが、干支と十二支を組み合わせると二つ十二支が余るため、その時期はバランスが崩れやすくて注意が必要という意味なのです。

命術の占いで適職を知る方法!

占いで適職や転職のタイミングを知りたいなら、生年月日などから生まれ持った運命を探る命術で占うのがオススメですよ。

命術の占いは幾つか種類があり、四柱推命や星座占い、九星気学や東洋占星術などの占術で占う事ができますが、生年月日や出生時間、出生地は変わる事はないため、同じ人が何回占ったとしても同じ結果になるのです。

適職について占う時には、職業ではなく職業の傾向で考えて、色々と解釈してみると良いでしょう。

仕事について悩んでいるのであれば、占いで自分自身の隠れた適正や才能を知る事ができますよ。

占いで適職をが分かったとしても、あくまでも参考程度に考えて、最終的には自分の意思で決断する事が大切ですから、転職する前によく考えるようにしましょう。