チャット占いのメリット・デメリット

手軽にできる占いの一つとして「チャット占い」というものがあります。これは今流行りの電話占いのチャット版で、電話占いと同じように時間や場所を選ばずに手軽に鑑定してもらえるというのが最大のメリットでしょう。
今回はそんなチャット占いのメリットとデメリットをまとめてみましたのでご紹介いたします。

メリット

メリットは最初にも少し触れたように、その手軽さにあります。時間と場所を選ばずに自分の好きなタイミングでリアルタイムに占ってもらえます。
それは電話占いも同じですが、チャット占いならではのメリットとして、電話や会話が苦手という場合でも利用しやすいというのがあります。
電話占いに興味はあるけど電話するのが苦手という方でもより利用しやすいんですね。またメールと違って文章を考える必要もなく、まるで会話しているかのように短い文字でリアルタイムなやりとりができるため、メール占いにもやりづらさを感じていた方にもメリットがあると思います。

デメリット

チャット占いのデメリットとしては、まず料金が分かりにくいという点があげられます。チャット占いでは文字数で料金が決まる場合と時間で料金が決まる場合があります。
その中でも前者の文字数で料金が決まるシステムを導入している場合が多く、1文字3円〜4円程度の料金設定になっていますが、利用前に料金を把握しにくいというのがデメリットになります。
そしてチャットという性質上、複雑な内容の相談がしにくいというのもデメリットでしょう。

生まれた曜日で占う!「曜日占い」とは

自分の生まれた年月日や星座による占いは一般的に聞いたことがあると思いますが、最近注目を浴びているのが生まれた曜日によって運勢を視る「曜日占い」です。
曜日占いでは自分の性格や恋愛などを含めた全体的な人間関係、他の人との相性を占うことができます。
曜日占いをしたいと思ったら、インターネット上にあるカレンダー機能などで自分の生まれた年の誕生日を見てみましょう!
曜日が分かったら、自分の曜日の運勢を見ていくことになります。今回は簡単にですが曜日ごとの基本的な性格を下記にまとめてみました!

月曜日

平和主義でリーダーシップのある性格です。責任感にあふれているしっかりした真面目な性格で、努力を積み重ねて定めた目標を達成します。
誰かに弱みを見せるのが苦手なので親しい人にも中々相談事ができないタイプとなり、ストレスがたまりがちです。

火曜日

向上心や自己評価が高く、いつでも自信たっぷりなのが火曜日生まれの人です。目標を決めると達成するまでとにかくのめり込むタイプで、職人気質があるともいえます。
自分の考えが絶対だという頑固な一面も持ち合わせているため、柔軟性に欠けがちです。

水曜日

「熱しやすく冷めやすい」のが水曜日生まれの方です。好奇心旺盛でいろんなものに興味を示して突き進めますが、飽きるのも早くいろんな物事に手を付けます。
周りの人の目を気にしがちで本来の自分を曝け出すことができずに寂しい気持ちになることも多いです。

木曜日

とても強いメンタルの持ち主で、失敗や困難にもめげずにやり切ってしまうタイプです。周りの人とは違った困難なアイデアを達成することができます。
そのアイデアに固執しすぎてしまい人への配慮が足りなかった、ということもあるので注意が必要です。

金曜日

芸術品などの美しいものが好きな性格で、欲しいと思ったらそれを手に入れるために努力します。努力家で高い野心を持っています。
欲しいものは我慢せずに買ってしまうタイプなため少し散財しがちです。

土曜日

物静かでおっとりとした性格なのが土曜日生まれの方です。誰かと一緒にワイワイするよりも一人で過ごすことの方が好きで、自分の時間を荒らされることを非常に嫌います。
一度「嫌い」「苦手」と思った人からはすぐに離れる傾向があります。

日曜日

誰かの世話をするのが大好きなタイプです。とにかく人の面倒を見るのが好きなので、頼られる反面、場合によってはただのお節介になってしまうことも・・・。
コツコツと努力を積み重ねていけますが、少し自己中心的な面もあります。

電話占いの鑑定時間はどのくらいを考えるべき?

電話占いをする前に考えておきたいのが鑑定時間です。特に前払い式の場合は用意していたポイントがなくなると鑑定途中であっても電話が切れてしまいます。
そのため、ある程度電話占いにかかる時間も考えておいた方がいいのです。

具体的に何分ほどかかるかというのはもちろん相談内容によって違いますが、利用している方の平均時間は20分〜30分となります。
相談内容を話す、鑑定結果をしっかり聞くということを考えると最低でも15分は時間が必要でしょう。
また時間内に効率よく質問をするために、事前に相談したい内容をまとめておくと時間短縮につながりますし、後から「あれを聞くのを忘れていた」ということもなくなりますのでおすすめです。

ちょっとした質問だとしても鑑定してもらう時間や結果を聞くのに最低でも15分〜20分、さらに踏み込んで色々聞きたいと思っている方は最低30分の鑑定時間を考えておくといいでしょう。

占い依存症と占いジプシーの違いは?

占いについて色々と調べていると、占い依存症と占いジプシーという言葉を聞いたことがあると思います。
どちらも何でも占いで決めてしまうような意味で使われており、中には依存症とジプシーを混合して使っている説明も見ます。
確かに占い依存症と占いジプシーは非常に似た意味の言葉ですが、細かく見ていくと言葉の意味も多少異なります。

まず占いの依存症ですが、依存症はどんなことでも占いで聞かないと不安で仕方がない、生活費を削ったり借金をしてまで占いをしてしまうというように、占いによって生活や精神面まで悪影響が及ぼしている状態のことを指します。
一方で占いジプシーは、依存症の方と同じように占いを梯子して占いをしますが、不安を解消したいというような目的で梯子しているのではなく、純粋に占いを楽しんでいる方たちです。そのため「今月使いすぎたな」と思ったらそこで利用をストップするなど自制が効きます。
きちんと趣味の範囲内で多くの占いを楽しんでいるのがジプシーですね。

確かに普通の人からすればジプシーの人もたくさん占いを利用するので「依存では?」と思うかもしれません。
ジプシーから知らないうち依存症になってしまう方もいます。

しかし厳密には依存症とジプシーにはこのような違いがあるのです。

電話占いサイトの選び方

電話占いを利用する際は、電話占いサービスを提供している電話占いサイトへの登録が必要になります。
会員登録自体は無料となりますので、登録しているだけで月々お金がかかっていくということはありません。
この上記の2点に関しては、ほとんどの電話占いサイトが当てはまりますので、それ以外の違う部分で自分が利用する電話占いサイトを選んでいく必要があります。

絶対に安全なところを利用したいのなら、大手の電話占いサイトをいくつかチェックするのがおすすめです。
特に個人情報の管理がしっかりしていることを証明する「プライバシーマーク」を取得しているサイトを選ぶといいでしょう。
いくつか気になる電話占いサイトが見つかったら、今度はその中から気になる占い師を見つけてみましょう。
大手電話占いサイトなら初回特典やお試し鑑定があると思いますので、とりあえず無料登録をして、特典分だけ気になる占い師に相談してみてください。
こうすることで最低限の出費で実際に気になった占い師と自分の相性を知ることができます。

他に注意したいことといえば通話料です。通話料に関しては電話占いサイトが負担してくれるところと、自己負担としているところがあります。
通話し放題サービスなどに加入していれば問題ありませんが、そうではない場合、莫大な通話料がかかってしまう可能性があるので注意してください。

手相占いの勉強方法

今回は数多くある占術の中から、手相占いを学びたいと思った方に向けた内容となります。
手相を学ぶには大きく分けて独学で学ぶか、誰かに教えてもらって学ぶかの2つの方法を選ぶことになります。

独学で学ぶ場合、本をメインにしてわからないことはさらにインターネットで調べるなどして自力で学んでいくことになります。
独学のメリットは初期費用があまりかからないこと、さらに自分の好きなタイミングやペースで勉強ができるということです。
手相占いは特に教材やインターネット上の情報もあつめやすいので、独学でも比較的勉強しやすい分野というのもメリットとなります。
一方でデメリットは、独学というのは分からないことは自分で調べられるという人に向いているものになるので、調べるのが苦手だったり自分で計画を立てて行動するのが苦手という方は挫折しやすいという点でしょう。

そこで自分一人で勉強するのが苦手という方におすすめなのが、誰かに教えてもらうという方法です。
こちらは一般的に通信講座や専用の学校に通って学ぶことになると思います。場合によっては実際に占い師として活躍している方に弟子入りするという方法もあります。
通信講座や学校のメリットとしては、プロから直接指導を受けられるという点です。分かりにくい内容でもすぐに聞くことができますし、正しい答えを教えてもらうことができます。
一方でデメリットとしてはお金がかかるという点が挙げられます。例えば通信講座でも安くて大体5万円前後から必要ですし、学校に通うとなると安くても30万円、プロを目指すなら50万円超えるというケースもありますし、さらに通学に必要な交通費まで必要になってきます。

自分がどういう方法で学ぶかを決めたら、まずは基礎から順番に学んでいきます。
そしてここで重要なのが手相占いは特に実践が重要という点です。知識が貯まったら今度はとにかくたくさんの手相を見ていきましょう。
知人や家族など、いろんな人にお願いして手相を見てアドバイスを出していくという実践を積んでいってください。

相談内容に合わせて占い師を探そう!

電話占いサイトに登録したのはいいものの、一体どの占い師に鑑定して貰えばいいのか悩んでしまっていませんか?
占い師を選ぶ時は、まず自分が何のことについて相談してもらいたいかをハッキリしておかなければなりません。
「占って欲しい」と思ったからには必ず占ってもらいたいことがあると思いますので、もう一度その相談内容をハッキリとしておきましょう。
例えば恋愛のことを相談したいと思っていたら、片想いのことなのか、それとも最近別れた恋人とよりを戻したいのか、具体的な相談内容を確定しておきます。

あとはその相談内容が得意な占い師を探すだけです!占い師も得意な相談内容、苦手な相談内容があります。
一言で恋愛相談とは言っても、片思いや相手の気持ちをみるのは得意だけど、不倫とか略奪愛とかややこしくなってしまっている内容は苦手という場合がありますので、その占い師が自分の解決したい悩みが得意かを必ずチェックしておきましょう。

こうした何が得意かという情報は、電話占いサイトの占い師のプロフィールに必ず書かれています。
またプロフィールページには口コミも一緒に掲載されていることが多いので、同じような悩みを抱えた人の口コミを参考にしてみると、より満足のいく結果に近づけますよ。

男性の利用も多い電話占い

電話占いは男性からも非常に人気のある占いとなります。
男性はどうしても占いに興味があっても周りの目が気になるということが多く、特に対面占いなんかは女性に混ざって順番を待つということを恥ずかしく感じてしまい中々占ってもらえないということがあります。
そういう占いに興味があったけど実際に占ってもらったことがなかった、という男性が電話占いを利用するということが多いのです。
電話占いなら自分の好きな場所で利用できますし、周りの目を気にする必要がなく、占い師にも顔が見られないということから利用しやすいんですね。

特に男性の場合、プライドもあって対面だと中々本気で相談できないという方も多いですが、電話占いだとそうしたプライドを気にせずに素直に話せるという相談者も多いのです。

相談内容としては女性同様恋愛に関することが一番多いとされています。そして続いて多いのが仕事に関する悩みです。
今の仕事を続けていていいのか、転職のタイミングなど、自分や家族の人生が大きく関わる仕事の悩みを占い師にみてもらうという男性は多いのです。

当たり前ですが、悩みは男女関係なくあります。
どうしてもまだ占いというと女性が好きなもの、というイメージを持ってしまっている方が多いですが、最近では電話占いのように男性でも占いをしやすい環境が整っていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

前世占いってどんな占い?

皆様は「前世占い」に興味を抱いたことはありますか?
前世占いとはその名の通り、自分の前世が何をしていたのか、人だったのかもしくは人以外のものだったのか、どんな人生だったのか・・・などを知るための占いです。
ネットなどで探せば無料診断なども多くあるので、当たっているかどうかはともかく、そういうものを含めると一度は前世占いをしたことがあるという方も多いと思います。

そもそも何で前世のことを知るの?と思うかもしれませんが、前世で起きたことは今世に影響を及ぼしていると言われています。
前世占いをしたいと考えている人は、前世で何があったのかを知ることで、今抱えている問題の解決に繋がるヒントを得られる可能性を求めている方が多いのです。

前世占いを占い師にお願いしたいと思っている方は、霊視や降霊を得意としている先生を選ぶのをおすすめします。
前世占いは名前や生年月日などだけでも導き出すことはできますが、これらのデータだけでは細かい情報まで得ることができません。
前世のことをより細かく知れるのが霊視を得意とする先生となるので、前世に何かしらのヒントを求めている方は特にこうした先生を選ぶのがいいでしょう。

東洋占星術、算命学ってどんな占い?

算命学は中国発祥の命占であり、陰陽五行説をもとに生年月日からその人の性格や運命、特徴を読み解く占術です。

算命学は陽占と陰占がそれぞれあり、陰占は生年月日を干支に置き換えて読み、陽占は人体星図という人の体を擬えた図を用いて、十大主星と十二大従星という2つの星を見るのです。

十大主星は性格を表し、十二大従星は人生のそれぞれの段階の運命を表していると言われていますよ。

陽占からは、過去や親、幼少期や中年期や晩年期、自分自身や家庭、友人や仕事、子供や未来などについて読み解く事ができるのです。

算命学の天中殺という考え方は有名ですが、干支と十二支を組み合わせると二つ十二支が余るため、その時期はバランスが崩れやすくて注意が必要という意味なのです。